• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは主の趣味であるプラモデルについて、その製作過程や完成作品の紹介などを行っています。

りんくう工廠 ~平日の昼間はプラモデルと共に~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

1/48 タミヤ BAeシーハリアーFRS.1 製作記 その24

平成26年7月21日(月)

前部キャノピーを接着する機種の膨らみ部分の形が歪んでいて、キャノピーとの間に隙間が
できてしまってるので、ポリパテを盛りました。
両サイドの接着面にも若干のすき間があったので、そちらもやらないといけません。

IMG_4238.jpg

ちょっと早いですが、機体塗装に備えてコックピット内をティッシュでマスキング。
機体塗装を終えてから、パイロット・インパネ・キャノピーの順に接着します。

IMG_4240.jpg

水平尾翼を取り付け。説明書では可動だから機体に接着しないようにと指示されてますが、今回の
作品では関係ないしグラグラしてるのも嫌なのでガッチリ接着しました。
ここも機体との間に結構隙間ができたので、溶きパテを充填して、はみ出したパテを溶剤で拭き取り
ました。
本来は可動部分だから合わせ目を完全に消すのは逆に不自然になるので、そこはスミ入れで対応
します。

IMG_4239.jpg

そしていよいよ主翼を接着!きました、これがハリアーです。う~む、これだけでもカッコ良さが
隠しきれないくらいカッコイイ!また更にモチベーションが上がってきました(^^

IMG_4242.jpg

ただここも機体との合いが悪く、実機のとおり主翼を垂れ下げるとかなり隙間が生じました。
同時に接着面も少ないということになり、乾燥後に指で押してみると案の定グラついてました。
そこで隙間埋め&接着補強のため、黒瞬着を充填。でもモールドを消したくなかったので、間隔
を開けて充填。黒瞬着が盛られていない個所は、水平尾翼と同じく溶きパテで埋めます。

IMG_4243.jpg

隙間埋めはまだあります。いつも間にか取り付けたエンジン上部のハッチ周りと主翼フラップの
機体接着面をポリパテで盛り付け。

IMG_4248.jpg

ポリパテ硬化後、ペーパー掛けで整形。機体塗装まであと少しです。
IMG_4250.jpg

一旦、機体作業から離れます。
ノーズギアの前面にはランディング/タキシングライトが一体成型されていて、説明書ではこれを
クロームシルバーで塗装するだけの指示になってますが、レンズ部の透明感を出したいなと思い
塩ビ材をポンチでくり抜いてみました。
ちなみにこの塩ビ材は、先日食べ終えたキムチの容器フタです。
うまく取り付けて表現できるかは、後日乞うご期待。

IMG_4244.jpg

ベースの450.昨日の紙をサーフェイサーとキャラクターホワイトで塗装し、貼って剥がせる糊で
貼りつけました。
ベースであとやることは、少し甲板に汚し塗装を入れる事と、金属線を通す穴を5か所開ける事
が残ってます。

IMG_4249.jpg

  1. [ edit ]
  2. 1/48 シーハリアー製作記
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


カウンター

プロフィール

imonen

Author:imonen
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。