• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは主の趣味であるプラモデルについて、その製作過程や完成作品の紹介などを行っています。

りんくう工廠 ~平日の昼間はプラモデルと共に~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

1/48 タミヤ BAeシーハリアーFRS.1 製作記 その29

平成26年7月29日(火)

下面のデカールを貼り終えたので、今日は上面を貼ります。
基本的には簡単な物ばかりですが、写真のようにピンバイスで開けた機器冷却用エアインテイク
の穴に係る個所は透明シートなので水に浸す前にナイフでカットしておくなど、いくつか加工が必要
なデカールがあるので、結構時間が掛かります。

IMG_4285.jpg

垂直尾翼のマーキングは部隊ごとに違います。今回選んだのは第800飛行隊。
大きなデカールに隠れたモールドの凸を出すためにマークソフターを塗ってます。

IMG_4287.jpg

エアインテイク部のラウンデル。
サクションリリースドアを切断して開けたので、マークもそれに沿ってカットが必要で、これが
一番苦労しました。水に浸す前にカットするのは形がイメージしにくいかなと思って、貼ってから
カットしてますが、これはこれでまっすぐ切るのが難しく修正が大変でした。

IMG_4290.jpg

前回塗装が終わりと書きましたがウソでした(汗
翼端灯を筆塗り。(右/青、左/赤)

IMG_4291.jpg

ここで事故発生!
左主翼に仕込んでいた金属線がいつのまにか切れて無くなってました(汗
でも辛うじて主翼に結び付けていた根元部分は残っていたので、これに再度金属線を結び付けて
なんとか修正。

IMG_4293.jpg

これで機体の作業はすべて終わったので、とりあえずここで記念撮影。
ここから、磁石入りのベースに金属線を通して浮かせて固定する、最後にして最大の難関に
挑みます。

IMG_4296.jpg

金属線を1本ずつ通していたところ・・・またしても事故発生!!
苦労して取り付けた自作の給油プローブに作業中の手が触れてしまい、また取れちゃいました。
しかし磁界に阻まれ非常に厳しい状況でしたが、なんとか瞬着で取り付けなおしました。

IMG_4297.jpg











金属線を5本とも通し、機体とベースを徐々に近づけ、反発力が最も効く位置で固定するよう
引っ張ってはテープで仮固定・・・と、ひたすら調整を続けます。
予想はしていましたが、やはり難しい・・・、一人では1本ずつしか作業できないし、ましてや片手は
機体を抑えないといけない。
仮固定は所詮テープなので、別の線を引っ張ってると少しずつ張りが弱まってくる・・の繰り返しで
「やはり無理だったか・・・」と諦めかけていた
その時!!











・・・・・中央の金属線がプツーンと切れて機体から全て出てきました。
・・・・更にその後、左翼側の金属線もプツーン・・・(汗
出来る限りの強度で仕込んでましたが、ネオジウム磁石の反発を支えるのは力不足だったよう
です。
2本切れた時点で主の心もポキーンと折れ、VTO作戦はあえなく失敗で終了。
残念な結果ですが、ダメもとで始めた事なので、まあしょうがないです。

















という訳で発艦前状態で接着し、
シーハリアーの完成!!
磁石があるため中央に配置できず、やや後ろにはみ出てます。
最後は残念でしたが、今までと同様苦労した作品なので大事に保管したいと思います。
完成写真集は別記事で掲載します。

IMG_4298.jpg

  1. [ edit ]
  2. 1/48 シーハリアー製作記
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


カウンター

プロフィール

imonen

Author:imonen
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。