• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは主の趣味であるプラモデルについて、その製作過程や完成作品の紹介などを行っています。

りんくう工廠 ~平日の昼間はプラモデルと共に~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

1/72 バンダイ YS-11(航空局飛行検査機仕様)製作記 その7

平成26年8月12日(火)~13日(水)

自作の回転灯をエナメルで筆塗り塗装。レンズ部はクリアーレッド。器具カバー部はクローム
シルバー。後々ボディに取り付け易くするため、下部に穴開けて真鍮線を仕込んでます。

IMG_4408.jpg

ウインドシールド窓枠の塗装に備えマスキング。前回書いた通り縦のみです。
まずは白サフ吹きます。

IMG_4399.jpg

プロペラ塗装も始めます。まずは全体をエアクラフトグレーでエアブラシ。塗装に関してはこの
キット用説明書は使えないので、ハセガワ1/144キットの説明書に従います。
この後は中央のキャノピーを銀と黒で塗り分け。ブレードも黒と黄色の塗り分けがあります。

IMG_4401.jpg

ギアと車輪を接着。主翼に取り付ける日を待ちます。
IMG_4402.jpg

ウインドシールドと機首の隙間を埋めるため何度もポリパテ盛りをしてましたが、ようやく埋められ
たので胴体の塗装はもうすぐそこ。ノーズのレドームを接着し、ここでも隙間が生じますが、ラッカー
の溶きパテを充填して隙間を埋めます。

IMG_4406.jpg

水平尾翼を接着。ここも表・裏に隙間が生じるので溶きパテ充填で埋めます。
IMG_4405.jpg

隙間埋めが終わったので、いよいよボディにサフを吹きます。元が青いので航空局塗装の白を
綺麗に発色させるための白サフ。モールドが埋まらないよう回数を分けて少しずつ吹きます。

IMG_4409.jpg

航空局仕様塗装のマスキングの関係上、主翼の取り付けは後回しにします。ただ主翼も
排気口や前部カウルにパテ使ってるので白サフを吹きます。

IMG_4410.jpg

垂直尾翼のラダー。これもヒンジの隙間を埋めるため黄色いポリパテを使ったので、白サフで
全体を白く整えておきます。

IMG_4404.jpg

  1. [ edit ]
  2. 1/72 YS-11製作記
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


カウンター

プロフィール

imonen

Author:imonen
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。