• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは主の趣味であるプラモデルについて、その製作過程や完成作品の紹介などを行っています。

りんくう工廠 ~平日の昼間はプラモデルと共に~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

1/72 バンダイ YS-11(航空局飛行検査機仕様)製作記 その20

平成26年11月10日(月)~14日(金)

今週はあまり画にならない地味な作業ばかりだったので1週間分まとめての更新(汗
先週から始めていた機体下部ラインを、まずは最上段のグレー塗装用にマスキング完了したので
エアクラフトグレーで吹きました。垂直尾翼のグレー部も併せて吹いてます。

IMG_4548.jpg

1日乾燥させた後、次は2段目の青ライン塗装。
写ってる白い部分が青を吹く部分で、最上段のグレーと幅が均等になるようマスキングしてます。
なお白とグレーの間に細いマスキングテープを貼ってるのは実機どおり2色の境に白を細く残すため。
幅は0.6mmのものを使用。

IMG_4553.jpg

こちらは垂直尾翼。グレー塗装は終えてるので、今度はそれを隠しつつ上下にある細い青のライン
を引くため、約0.4mm幅を残してマスキング。

IMG_4549.jpg

主翼のエンジンカウル部分は、グレーと青の2本を細いラインで平行に塗装します。
しかし機体のグレー塗装時に準備してなかったので、先に青を塗るためのマスキングをします。
両翼の外側と内側が同様のカラーリングなので、ラインの幅や高さを合わせるよう慎重に確認
しながらの作業です。まあ両側を合わせるのは機体も垂直尾翼も同じですが。

IMG_4552.jpg

さて先日エポパテで作ってたノーズギアのライトカバーは、手ごねの限界で綺麗な円錐形を
作れませんでした(汗
で方法を変更。今度はまずエポパテで円錐の型を取ります。型の基になってるのはリューターの
先端にする磨き用工具。表面の素材は柔らかいんですが、形がとっても似てるのでこれで何とか
型取り出来るかなと思いエポパテにギュっと挿し込んで、ご覧のとおりの型が出来ました。
これを1日掛けて硬化させ、新たなエポパテをここに押し込み円錐を成形します。

IMG_4550.jpg

  1. [ edit ]
  2. 1/72 YS-11製作記
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


カウンター

プロフィール

imonen

Author:imonen
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。