• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは主の趣味であるプラモデルについて、その製作過程や完成作品の紹介などを行っています。

りんくう工廠 ~平日の昼間はプラモデルと共に~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

1/72 バンダイ YS-11(航空局飛行検査機仕様)製作記 その26

平成27年1月3日(土)~9日(金)

フィニッシュに近づいてきました。細かいパーツを取り付けていきます。
胴体腹面のブレードアンテナと回転灯。どちらもキットに付属してないので自作。取り付け位置は
資料を参考にしてます。

IMG_4813.jpg

いよいよ自作デカールを本格的に貼っていきます。
YS-11チェッカー機の象徴「JCAB FLIGHT INSPECTION」と、退役直前に塗られた「おつかれさま
YS-11 since 1965」は、最も大きく目立つデカールです。

IMG_4815.jpg

ノーズギア・ギアカバーもついに取り付け完了。
IMG_4816.jpg

ドアにも自作デカール。開け閉め方法の表示が記載されています。
ドアノブはφ5mm真鍮線を曲げ挿し込みました。塗装はエナメルのクロームシルバー。

IMG_4824.jpg

ワイパーも自作。φ0.3mm真鍮線で製作し、つや消し黒で筆塗装。
IMG_4826.jpg

YS-11はエンジンカウルにドレンパイプがいっぱい出ています。
パイプはピンバイスで穴あけし、それぞれの名称を表示した極小の自作デカールを両翼両側に
貼り付けます。根気は要りますが、特に難しくは無かったです。

IMG_4829.jpg

胴体と主翼全体にクリアーでコーティングし、乾燥後エナメルのグレー調色でスミ入れ。
IMG_4830.jpg



そしてついに、胴体と主翼を接着し、自作した誘導路ベースに機体を乗せ・・・・・
完成です!!
IMG_4831.jpg
お休み期間があったとはいえ、実に半年近くの日数を費やしてしまい苦労・苦悩の連続でしたが、
ようやくそれが報われた思いです。
旅客機ベースでパーツが少ないため、改造となると相当多くのパーツを自作することになり、また
塗装も資料を見ながら慎重にマスキングして塗り重ねていった事も今となっては良い経験です。
ともかく、新年早々2作品が完成に至ったことは主にとっては慶事です♪

完成作品は別記事で後日掲載します。




  1. [ edit ]
  2. 1/72 YS-11製作記
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/01/10(土) 13:42:19 |
  3. URL |
  4. 店長
完成、おめでとうございます。
プロペラ機は本当に個々の味が出て、良いですね。
昨年の10月に孫2人を連れて、関空の展望デッキへ
行って来ました。もうこの2人はジェットしか知らない世代です。

  1. [ 編集 ]
  2. 2015/01/10(土) 14:04:01 |
  3. URL |
  4. imonen
店長さん
ありがとうございます。

プロペラ機がどんどん少なくなっていくのは時代の流れで仕方ないですが、模型では
作りごたえがあって楽しいですね。
もちろんYS-11は、戦後初の国産旅客機ということで思いれが強く、今回製作しました。

今後ともよろしくお願いします。

 管理者にだけ表示を許可する
 


カウンター

プロフィール

imonen

Author:imonen
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。