• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは主の趣味であるプラモデルについて、その製作過程や完成作品の紹介などを行っています。

りんくう工廠 ~平日の昼間はプラモデルと共に~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

1/48 アパッチ・ロングボウ製作記 その6

平成26年2月3日(月)~4日(火)

記事ネタが少ないため、2日分まとめてのアップ。
メインギア(主脚)を組み上げます。2本のシャフトは接着剤で付けるのですが、角度が悪いとボディ
パーツに上手く取り付けられないので、ボディとはテープで仮止めしながらシャフト部を流し込み接着
します。
タイヤもまだ仮止め。左右のバランスをよく見ないと傾いてしまうおそれがあるので。
左右ともここまで組み上げた後、先に塗装を済ませます。

IMG_3660.jpg

キャノピーをボディに取り付ける前に重要な作業が1つ。
実機では窓の周りは金属製の窓枠ですが、このパーツは窓枠含めて全てクリアパーツなので、窓枠だけ
を塗装します。
外側はボディと同じ三色迷彩なので塗装はずっと後ですが、内側に何も塗らないままだといくら外側を
塗装しても表面がクリアなままでリアリティが損なわれます。
なのでエアモデルでは常識ですが内側も同じラインで塗装が必要で、ボディに取り付ける前にやっとか
ないといけません。内側の色は実機に合わせてつや消し黒。塗装前にガラス窓麺を全てマスキングします。
この作業が地味で且つ非常に手間がかかります(汗

IMG_3662.jpg

窓はカーブあり鋭角鈍角いろいろな形状なので、細いマスキングテープを小さくカットしながら貼り絵の
ように少しずつ隙間なく貼っていくのです。
ピンセットで貼るので、クリアパーツを傷つけないよう慎重にするから余計に時間がかかりますが、
とりあえず内側の窓を全てマスキングしました。そして塗装に備えて外側は全面マスキングしておきます。

IMG_3663.jpg

2日かけても写真3枚という体たらく(汗
まあ1日あたり1時間半くらいだから仕方ないか。
しかしこうゆう地味で細かい作業ほど完成時に思い入れも大きくなるんですよね。

  1. [ edit ]
  2. 1/48 アパッチ・ロングボウ製作記
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


カウンター

プロフィール

imonen

Author:imonen
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。