• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは主の趣味であるプラモデルについて、その製作過程や完成作品の紹介などを行っています。

りんくう工廠 ~平日の昼間はプラモデルと共に~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

1/48 アパッチ・ロングボウ製作記 その10

平成26年2月20日(木)

ロケット弾ポッドの続き。
とりあえずは指定通りに組んでつや消し黒を塗装します。穴は後でも開けられるので。

IMG_3693.jpg

こう見るとすこし奥で蓋がされてるように見えてしまいます。
実機のほうを調べてみましたが、弾を装填しての作戦中は、やはり外からは見えないぐらいに奥へ
装填されてるようです。

IMG_3702.jpg

なので全部穴を開ける事に決定。1.1ミリのピンバイスで開口します。
IMG_3703.jpg

全部開けて穴の内側をつや消し黒で塗装。これでかなり実機の雰囲気が出てきました。
IMG_3704.jpg

次はヘリコプターの"顔"ともいうべきメインローター製作に取り掛かります。
ブレードの塗装がつや消し黒なので、先に塗装したいと思います。

IMG_3697.jpg

が、その前にやることがあります。
仮組みしてボディに取り付けてみましたが、ご覧のとおりブレードが真っ直ぐすぎます。
アパッチのブレードは重量で少し垂れ下がっているので、このままではマズいです。

IMG_3698.jpg

というわけで手作業でのブレード曲げ。熱湯にブレードを数秒浸け、やわらかくなったところを指で
曲げます。浸け過ぎ注意、曲げ過ぎ注意の慎重な作業です。

IMG_3700.jpg

1枚曲げ終わったところ。もちろん手前のパーツです。
カーブ具合だけでなく、ちょっと伸びるので長さも均等になるようにします。

IMG_3699.jpg

4枚曲げ終わって再び仮組み。作業前とは見違えるようになりましたが、ちょっとやり過ぎかな(汗
と思ったので、このあと少し伸ばし直しました。

IMG_3701.jpg

  1. [ edit ]
  2. 1/48 アパッチ・ロングボウ製作記
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


カウンター

プロフィール

imonen

Author:imonen
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。