• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

このブログは主の趣味であるプラモデルについて、その製作過程や完成作品の紹介などを行っています。

りんくう工廠 ~平日の昼間はプラモデルと共に~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

タミヤ 1/35三号突撃砲製作記 その5

平成26年5月7日(水)

長かったG.Wが明け、今日から作業再開。
エッチングパーツは取り付け終わったので、次はモデルカステンの小パーツセットを取り付け
ていきます。こちらは牽引ワイヤーの留め金具。ワイヤーを仮止めして向きと位置を確認しな
がら取り付けます。

IMG_3866.jpg

車体前部にも。留め金具は前後で2個所ずつ、左右合わせると計8個所。
名前のとおり小さなパーツなので、飛ばさないよう神経を使います。

IMG_3867.jpg

さてこのパーツの小ささには度肝を抜かれました。
これはいわゆる蝶ナットで、使用するのは先端の1mmにも満たない部分のみ。
あとは全部ランナーです。このサイズは日野セレガ作ってた時の鳩の口ばし以来じゃないかな。
ルーペ使って辛うじて見えるレベルなので、完成時は普通に見てもこれの存在を感じることは
ないでしょうね・・・。

IMG_3868.jpg

試しに1つ取り付けました。7のパーツの左側に垂直に付いてます。
1円玉を並べるとその小ささが分かってもらえると思いますが、カメラのマクロモードでも
ピントを合わせきれない、そんなサイズです。

IMG_3871.jpg

ジャッキと、その先に写ってるS字フックの固定金具もモデルカステン製で用意されてます。
とりあえず金具下部のみを取り付けて、仮置きしてみました。

IMG_3872.jpg

小パーツの下部を取り付け、シュルツェン架も取り付けました。
シュルツェンは最初取り付けない予定でしたが、架だけはあったほうが荷物置きに利用できそう
だったので心変わりしました。まあ更に心変わりする可能性も否定できないので、シュルツェン本体も
一応製作しておきますけどね。

IMG_3873.jpg

車体上部のパーツ取り付けがひとまず終わったので下地塗装。
シャーシと同じく艦底色の缶スプレーを吹きました。

IMG_3875.jpg

乾燥待ちの間、ベース製作を進めます。
上段は地肌を出して樹木や雑草を表現することに決めました。端はコンクリートブロックにする
ので、0.2mm厚のプラ板を1mm幅でカットし接着。
下段は石畳の道路を作ります。下段の端はヤスリペーパーで約1mmの溝を掘り、排水路にします。

IMG_3877.jpg

排水路部分に溶きパテを塗り、上段には削りパステルをふりかけて土の表現をしています。
接着は水溶き木工用ボンド。このままだと暗すぎるので上から更に別色を乗せます。
あと突き刺さってる樹木は、近所の植え込みに落ちてた低木の根っこ。
スケール的にバッチリ合います。

IMG_3879.jpg

樹木の葉や雑草に使う材料を緑の水彩絵の具で軽く塗装し乾燥させます。
IMG_3865.jpg

  1. [ edit ]
  2. 1/35 三号突撃砲製作記
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


カウンター

プロフィール

imonen

Author:imonen
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。